前回は、クリスマスの時期に起きた私の辛い想い出を紹介しましたが、これを心理学では「ハロー効果」と呼ぶそうです。

第一印象で受けた印象しだいで人は潜在的に、その人の人間性まで判断をしてしまうそうです。
しか~し、これで終わりではないのです。
いわゆる男前と美人のほうが第一印象という面では有利ということ・・ですが。
で~もでも、実はそうでもなさそうなのです。

男前でも美人だったとしても人生の全てが充実しているとは?限らないですよね。
容姿の良し悪しで人生の幸不幸は決まらないように第一印象だけで人生が決ってたまるか!って思いますよね。

そこで慰めの一撃!
男前と美人は、実はリスクを多く持って生きているようです。

先程の「ハロー効果」に続いて次は「ロス効果」なんていう用語があるのですが、それは第一印象が良すぎると逆にマイナスな印象を抱かせるリスクも大きくなるそうです。

例えば、同じまずいラーメンを食べるとしたら、並ばずにすぐに食べられたラーメン店と、行列に並んで1時間待って食べてまずいラーメン店では、あなたは前者と後者ではどのような印象になりますか?
きっと並ばずに食べられたラーメン店より、行列に並んで食べたラーメン店ではおのずと期待値が高くなります。
「行列に並んで食べられるラーメンが美味しくないわけがない!」という勝手に思い込んだ第一印象のせいで、実際に食べてまずいラーメンだったら・・・。
あまり最初に好印象に受けとられてしまって、そうじゃないマイナスな自分を見られてしまうと一気にジェットコースターが下るように、イメージダウンになってしまうのは怖いですね。
僕なりにまとめると、良好な人間関係を保ち続けるには最初から期待しすぎないのが良いのかもしれませんね。
誰もが長所かあれば必ず短所もあるのですから。

そうすると「クリスマス空いていません!」と誘ってもいないのに一方的にお断りを入れてきたあの彼女ももしかしたらロス効果による幻滅の仕打ちだったのかなぁ。
どちらにしても悲しい出来事でした。